【あなたの憩いの場、トイレが危ない!】


『週刊誌SPA!を通して家の違いを知るー6』

週刊誌SPA!の2ページに『トイレ』の話が出てきます。

「空気が滞留しがちな狭いトイレとの行き来は危険です。」

と申していますね。

裏返せば、トイレ環境を考えている業者は少ないってことです。

夏場・・・汗だくになりながら用を足す。

冬場・・・寒くて震えながら用を足す。

体調不良のとき、そのトイレ、最悪だと思いません?

見学者と少し打ち解け合えば、必ず出て来る話でもあります。

だから逆に言えば‟いい家選び”するとき、トイレを見せてもらえばいいのです。

トイレの有り様で住環境がわかると思うのです。

このグラフは、私共の平成30年(2018年度)の一階トイレの温度・湿度です。

赤色・・・トイレ湿度

茶色・・・トイレ温度

青色・・・外気最高温度

濃青・・・外気最低温度

‟上郡流の家”では、トイレに冷暖房器具は要りません。

天井に熱交換型の24時間換気装置が備わっているだけ。

その状態で、この温度・湿度が保てるのです。

夏場・・・汗だく? まったくありません。

冬場・・・震える寒さ? もちろんありません。

高血圧・心疾患などに、注意の必要な方にも安心な家だと思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《お知らせ》 

無料家づくり勉強会は、私の事情により、

7月は休ませていただきます。

うまくいけば、8月から再開できると思います。

イベントに参加する