今回のテーマは、シロアリ。
                             

【シロアリとは?】お母さんが恋する家勉強会(第6回:4月11日)

もし、あなたがシロアリって、
他人事のように考えていたら要注意です。
                          

なぜなら、シロアリは害虫と呼ばれている反面、
食物連鎖のバランスを保っている「分解者」としても知られているからです。
                          

シロアリは、土の環境をバランスよく作り出す役目を果たしており、
森林の枯れ葉、枯れ木、倒木等を分解し土に還しています。
                           

ですから、シロアリは分解者の名に恥じず、なんでもよく食べます。
                            

「木材」、「プラスチック」、「発泡スチロール」、そして「断熱材」まで・・・。
                              

つまり、木造住宅だけが食べられるわけではありません。
                                  

実際にはケーブルが食べられてしまったり、コンクリートに
穴が開くこともあるようです。
                               

そうです、あなたの家にこっそり忍び込んで、
建物の重要な部分を食べている可能性があるんです。
                             

じゃ、どこから入ってくるのか?
                             

シロアリが入ってくるのは「隙間」です。
                           

天井と壁の間の隙間、積み上げられたコンクリートブロックの間の隙間基礎のひび割れなどです。
                            

その中でも一番あるのが、「玄関」です。

シロアリは礼儀正しいので、玄関から入ってきます。

なぜか?

そうです、ドアの周りの木枠です、これを食べて入ってくるのです。
                     

シロアリが好む場所の条件
                      

①湿気が多い場所
②腐った木がある場所(薪ストーブ用の薪も要注意です)
③土のある場所(植木鉢、シロアリは土の中で生息します)
④光が苦手、暗い場所
⑤風が嫌い、風が吹かない場所
                            

風通しを良くして、このような場所を
家の周辺や、床下につくらないように注意しましょう。
                                

もう一つ注意するものがあります、それは『蟻道』(ギドウ)アリの道です。
                          

シロアリは、餌場までの道を自分で作ります。
                           

信じられないかもしれませんが、空中蟻道といって
何もない空中に土や排泄物・餌の食べかすで作った

トンネルまで作ってよじ登ってくるのです。
                             

よって蟻道でも超えられない、15cm以上の高さが
家の基礎部分には必要になります。

                            
家についてまた一歩、知識が深まりました。
知らないって本当に怖いですよね。
次回も楽しみです(^^)/

スタッフ天満