【誰も気づかない、温度差がある家の落とし穴】


『週刊誌SPA!を通して家の違いを知る-5』

前回の、
天井が高い

1 吹き抜けで開放感のある家に

  死のリスクが充満する!?

の私の文章の続きに、

内科医の大森真帆氏も極端な温度差によるリスクを指摘する。

「寒暖差による血圧の急激な変化で血管に負担がかかり、心筋梗塞や脳梗塞などの血管障害を引き起こす可能性があります」

ヒートショックは冬のみならず。夏場は冷房を強く効かせるうえ、天井が高い居室空間は、より体を冷してしまいやすいのだ。

さらに、同じく解放感の魅力の大きい窓にも病の危険性が潜んでいる。

環境衛生コンサルタントの松本忠男氏は、コールドドラフト(冷たい窓辺から発生する下降冷気のこと)に注意を促す。

「窓が大きいと、室温が外気の影響を受けやすくなるため、エアコンをより強く効かせる必要が出てきます。それによって結露が多く発生し、カビの増殖を促します」

上郡氏も、窓に注目する。

「大きい窓だけでなく、アルミサッシも断熱性が低いため同様です」

思わぬリスクはすぐそばにある。

では、同じページにあるこの写真をご覧ください。

小さな文字での添え書きがあります。

30代記者の自宅ではロフト付きで、吹き抜け同様に温度差が激しい。

夏場のロフトはエアコンの冷気も届かず、常に熱気が充満している。

とあります。

この部屋でさえ、先ほど言われた現象があるのです。

これらは、すべて家の中で起きる上下間の温度差によるものです。

なぜ、こんなにも家の上下間の温度差がある家が多いのでしょうか?

さて、きのうお伝えした‟上郡流の家”では、

「吹き抜けによる、寒さ・暑さは感じたことがない」

と申し上げました。

‟上郡流の家づくり”では、家をひとつの大きな部屋と見ているからです。

それを表すイラストが、これです。

すると先ほどの文章の注意事項は、まったく要らない家になるのです。

それでも窓については、別の角度からの注意点が要りますが、それは次回に。

いずれにしても、今までの常識では考えられない住環境が今はつくり出せるのです。

自著『「病気にならない家」 6つのルール』を読んでみてください。

家に最低限必要な基本をまとめています。

きっとお役に立つと思います。

イベントに参加する